≡

ゲーム完成報告&紹介【Kawaz学生部×創作活動部】

381

お久しぶりです、創作活動部広報担当、札幌太郎です!
長らく報告をサボ……している暇がなかったので、今更の報告となるのですが……

以前から交流させていただいていた札幌のゲーム製作サークル「Kawaz」さんの、現役大学生のフレッシュな面々が集まる「学生部」。
そんなKawaz学生部さんと我が部OBのSAT氏、くる氏、現サークル代表のmappy氏が共同でゲームを作りました!

 

以下のページからダウンロード、プレイが可能です。

[↓kawazポータルサイト-作品紹介ページ↓]
https://www.kawaz.org/products/stGame_17summer/

 

集まった面々をチームに分けて、Game Jamのようにテーマとなるキーワード3つを元に
各々が想像力と技術を結集させて開発を行った今回の合同企画。

そのキーワードはというと

「ギャルゲ」「鬼ごっこ」「レモン」

前二つはともかくとして最後のレモンで一気にぶっ飛びましたね。さてどんなゲームができるやら!大丈夫なのか!?

ちなみに開発期間については、Kawazポータルサイトの紹介文によると

「6月中旬に製作を開始し、7月中の完成を目指していたのですが、ずるずると伸びてしまいました。
試験や課題で中々進まなかったよ。(学生並感)」

だそうです。まあまあ。あるある。

そんなかんじで、こういう活動があったよーという宣伝なのですが。
ただリンクを貼るだけじゃつまんねえ!!

ということで(?)我が部の面々が製作に関わったゲーム二本をここでちょっと紹介しちゃいます!

まずはOBのSAT氏とくる氏が参加したゲーム、「Mix Juice!」です。
以前チラッとお話を覗かせてもらったことはあるのですが、実際ゲームとして起動するとどうなるのか――

image

「ギャルゲ」がテーマなので、ADV風な進行。
不況の煽りなのか何なのかは不明ですが、主人公の男の子、パイナップル君がいるジュース屋さんはあまりお客さんが来なくてなかなかヒマな模様。

image

ちなみにちゃんとログ閲覧機能も搭載。本格的ィ!

image

そんなこんなで転校生の如くジュース屋に現れたレモンちゃんに一目ぼれするパイナップル君。
南から来たということなので恐らく南米産でしょう(勝手な憶測)
ずっと同じ店にいるリンゴちゃん、ライバルポジションっぽいキウイ君なども出てきて。

キャプチャしそびれましたが、選択肢もあって、おお、ギャルゲっぽ――

image

ぽくねえ!! なんでいきなりお前ら遊●王やってんだよ!!
なんて、勢いに任せてツッコミしたくなる場所もありつつ、物語は中盤へ。
何でも、レモンちゃんの誕生日が近いらしく、プレゼントを買って気を引くことに。何がいいかなーなんて考えていると

image

オイオイオイ止めておけよ?

image

止めておけよ?

image

止めろって言ってるだろ!?(地味にカードテキストがばっちり書いてあってすげえです)

果たしてレモンちゃんとの恋路はどうなるのか!製作者は決闘者なのか!残る「鬼ごっこ」要素はどこで出てくるのか!
続きは自分の目で確かめてください!!

image

ドン!!!


では続いて、「ニンブパラク」。こちらは現役生のmappy氏が世界設定やシナリオを手掛けています。
作品紹介ページによれば
「中世インドを舞台にした山登りADV。レモンを主軸に置いた妹思いのストーリー、美麗グラフィックがウリ。sonoの俺々エンジン製。」
とのこと。レモンの原産地はヒマラヤのふもとだ~とか、世界観含めたシステム的な話は僕も伺っていたのですが、
こちらもゲームとして実際にプレイしてみると……

image

何やら右側から読みたくなる系の言語がドンとレタリングされたタイトル画面。そしてインド調のBGM。おお、雰囲気たっぷりですな!

image

主人公のヤシュパル君(左の青年)は病気の妹が居るようで、その妹の症状は日に日に悪くなる一方のようです。
なんとかしたいヤシュパル君。村長に話を聞けば、どうやらその病気にはレモンが効くらしい。
そのレモンはヒマラヤ山脈の天辺にあるようだ……険しい道ではあるが、大事な妹のためだ。進むべき道は決まっている……!

image

ということでヒマラヤ登りを決行するヤシュパル君。登山フェイズ(勝手に呼んでる)では、天候や経過日、スタミナに注意しながら様々なコマンドを選択しながら行動を考えていきます。
というか、すげえ……複雑な数値管理していそうだ……思わず画面に敬礼。

札幌太郎の謎行動は置いておいて、ひとまずは謎のコマンド「祈る」を実行することに。すると……

image

身分!?身分ってなんぞや!? と一瞬焦りましたが前もって聞いていた情報を思い出しました。
地域に沿った宗教観、それをもとにしたカースト制度もシステムに組み込んだと言っていたような気がします。
祈って徳を重ねると良いことがあるかもしれない……あれコレ違う宗教か?わかんねえな……(馬鹿)

ともあれ、祈ってばっかりで進まないと妹さんが死んでしまいそうなので今度は「移動」コマンドを実行してみます。

image

すると、あらまあ、怪我をした登山者に遭遇しました! そ、そんな、怪我人を見捨てるなんて、まして殺すなんて僕には……!

image

まあ、何を実行したか多くは語りませんが、今回とある選択肢を選択した結果、登山者の所有物を奪い取ってカルマ値が下がりました。
カルマ、すなわち業ですな。詳しくはGoogle検索へGO。ハイ。
ともかく、悪事を働くとカルマが下がるようだ……むやみに動けないぞこれは……!

image

ちなみに「アイテム」のコマンドで入手した消費アイテムを使用することができます。有効に使って登山を快適にしましょう!」

……いやどう足掻いたって快適ではねえな。

その後も途中「休憩」してスタミナを回復したり、山賊に遭ったり、亡骸を漁ったりして――

さあ、ヤシュパル君は山頂のレモンを回収し、妹に届けることができるのだろうか!結末はプレイヤー次第だ!

image

ドン!!!!
……札幌太郎君、アドベンチャー苦手過ぎでは?

と、こんな感じで。「Mix Juice!」も「ニンブパラク」もよくアイデアの練られた、やりがいのある作品でした!

「Mix Juice!」は【基本的に】ほのぼのとしたギャグテイストのシナリオに、選択肢により「とある場面」の難易度が変化するのが「マジかよ!」ってなりましたね。
またその「とある場面」も選択肢によってちょいちょい変わってくるんですよ!小技が利いてる!

「ニンブパラク」はランダムに発生する(?)様々な条件下で進むか休むか、はたまた祈るか。そして時には非情な選択を迫られるシリアス調のストーリー。
味のあるキャラクターデザインとBGMがそれを加速させてプレイヤーを作品の空気で呑み込もうとしてきます。

リプレイ性も高いです。やって損はしないです!

創作活動部はアクションありのゲームを、Kawazさんはストーリーありのゲームを製作する機会があまりないようだったので、いい経験になったのではないかと思います。
僕も参加したかった……。

ともあれ、そんな感じで作成したゲームは先ほど記述したKawazさんのウェブサイトでダウンロード可能です!
もっかいURL張っとこうか。

 

[↓kawazポータルサイト-作品紹介ページ↓]
https://www.kawaz.org/products/stGame_17summer/

 

他にもKawaz内で製作したゲームもたくさんあります。
今ジワジワ熱を帯びてきているインディーズゲーム界隈、これを機にその沼に嵌ってみるのはいかがでしょうか?

広報担当、札幌太郎でした!

……あ、ついでに。もちろん創作活動部内でも活動が死んでいたわけではないのです!
10月初めから一か月間クソゲー講座という物を開いておりまして、そのことについてはまた近いうちに詳細をお知らせします。
それではまた今度!

コメントを投稿

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

名前/HN:

メールアドレス:

内容をご確認の上、送信ボタンを押して下さい。