≡

Bordered [ver1.5]

349
タイトル画面です。背景はシナリオが進むごとに変わっていきます。

この作品は、2016年度のサークル全体製作として企画されました。
公開が2018年になっているのはお察しください。。。
今回はウディタ製で、グラフィックや音楽も一部オリジナルを交えた作品となっています。

あらすじ

記憶を失っているところをハンター・アンナに拾われ、養育された主人公。
そんな主人公もまた、ハンターとして活動する日がやってきた。
しかし、向かう先々に待ち受ける魔物や謎の声、正体不明の組織――不可解な現象。
様々な事柄が重なり合い、とある事件の先に見るこの世の境界線の真実とは……

登場人物

主人公

記憶喪失の少年。
昔はある実験施設のような場所に居たようだが、その後アンナに拾われ、養育される。
時折、命の結晶から声が聞こえることがあるようだ。
彼もまたアンナと同じように活動すべく、ハンターとして登録するところから物語は動き出す。

アンナ

現役で活動するハンターであり、主人公の親のような、姉のような存在。
しかし、身の上を全て主人公に話すことはしていないようだ。
ある日を境に、彼女も物語へ飲み込まれていく。

ディートリヒ

あることがきっかけで主人公が出会う、ハンターを救護する組織……救護隊のリーダー。
若き主人公を鼓舞するような言動だが、その正体は……

キャロット


ディートリヒの側近。
うざったい語尾が特徴であるが、どうにも胡散臭い。
ディートリヒに惚れているらしい。
というかなぜバニー姿なのか。

メイリン


救護隊の技術担当。
快活で親しみやすい性格をしている。
首には何か紋様らしきものが刻まれている。

コルト


救護隊メンバー……なのだが、どうにも堅気の人間には見えない。
外部から派遣されているらしく、ディートリヒよりも自分の直属の上司を慕っているようだ。

メリー


メイリンが開発した、あるときから救護隊に参加するアンドロイド。
まだ生まれたてで、知識欲が深い様子。

シエル


主人公が街ですれ違う不思議な少女。
主人公について、何かを知っているようだ。

用語解説

ハンター

異界へと旅立ち、向かった先で魔物を討伐し、その魔物から命の結晶を回収する職業。
現場では一人での戦いとなるため、とても危険な仕事。
また、活躍に応じてランク分けされており、そのランクによって社会的身分は変動する。

命の結晶 <ゼーレ>

倒した魔物から回収できるもの。
生活インフラを支えるいわば万能物質のものであり、この世界で無くてはならない存在。
平たく言えば通貨に相当する。

魔物

異界に生息する怪物。異界の全域に生息しているが、その姿は地域によって様々である。
死体から命の結晶を回収するため、長年狩られ続けているが、不思議とその全体数が大きく減ったことはない。

異界

ハンターが命の結晶を回収するために向かう、この世界ではないどこかの土地。
多種多様な気候が観測されているが、その全容は明らかになっていない。

スクリーンショット

いつか誰かが突っ込んでくれると信じてた! 安心と信頼の語尾キャラ おや、バニー娘の様子が…?? 遠隔通信なんていつ身に付けたのか…? カタコトな機械娘メリーですが・・・ 政府に喧嘩を売りに行く主人公の図 おじさんに見つからないように追跡せよ!

ダウンロード

バージョン 1.5(2018/11/11 更新)
※しばらくゲームがタイトル画面から起動しない状態となっておりました。大変申し訳ありません。

コメントを投稿

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

名前/HN:

メールアドレス:

内容をご確認の上、送信ボタンを押して下さい。