≡

RPG Developer

328
装備できる種別は複数設定できます。

「RPGツ○ールや、W○LFエディターのようなRPG制作ソフトを自作したいッ!」
という熱い思いから6年かけてようやく実現した、魂のソフトです。

機能紹介

主な搭載機能は以下の通りです。

編集項目:データベース

ゲーム中に用いられるアイテムやスキルを作ります。“合体技” を実装しているのもポイントです。
パーティキャラは成長バランスやレベルアップに必要な経験値をグラフィカルに編集できます。

装備できる種別は複数設定できます。

編集項目:スクリプト

アイテムやスキルを使用したときの実際の効果などはスクリプトとして、プログラミング風に記述します。
とはいえ、初見ではどう書けばいいか分かりませんから(作者でも忘れる)、入力補助機能を搭載しています。
また、既に記述されているコマンドを解析し、その意味を調べることもできます。

編集項目:マップ

本ソフトの目玉といっても過言ではない機能です。自動で地形を最適化する(オートタイル)機能搭載です。
村人などはいわゆる “イベント” という形で設置して、内容をスクリプトで記述していきます。
それだけではなく、出現条件や起動条件、さらには行動パターンもスクリプトで自由に編集できます。

「当たり判定」は画面下のパレットで事前に設定された情報が自動配置されます。

編集項目:エフェクト

バトルシーンで使われるアニメーション演出を作ります。フレーム間を自然に補完する機能も搭載しています。

区画座標とは、画面中央のパレットの赤枠部分です。合成方法は加算・減算なども設定できます。

その他:内部情報のリアルタイム表示

これもテスト工程で大いに活躍します。ゲームプログラムを立ち上げてテストプレイしている間、
この画面にはプログラムの内部情報(各キャラのパラメーターや現在地、エラー情報等)が随時表示されます。

その他:複数人開発を前提とした共有システム

元々このソフトはオンラインストレージ上で共有しているファイルを使って運用するように設計されており、
編集中に他の人がファイルを更新すると、「いつ・誰が・何を編集したか」を随時ポップアップ通知します。
この機能により、他の人と編集結果が競合するのを防ぎ、常に最新の情報に更新されるようになっています。

告 知

このソフトは当初一般に公開する目的で制作したわけではなかったのですが、
頼もしい後輩たちのおかげで一層の進化を遂げまして、ついに公開することを視野に入れて準備を続けております。
他のRPG制作ツールとは異なり、システムそのものに手を出す(バトル・メニュー画面など)ことはできませんが、
RPGを簡単に作れる、数少ないツールとして貴重な存在になったらいいなと思います。
完成までかなりの時間を要しそうではありますが、どうぞご期待下さい。

2015/11/23 追記
システムそのものの仕様に関して、
一般公開するには致命的な問題が相次いだため、現状バージョンの公開は中止します。
ですがそこでは諦めきれず、エディターとゲームプログラムを再構築してさらに質の高いものに仕上げることにしました。

コメントを投稿

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

名前/HN:

メールアドレス:

内容をご確認の上、送信ボタンを押して下さい。